機械式時計はデリケート!お手入れはどうすればいい?


時計本体の汚れは拭き取りで簡単にきれいに

時計本体の部分は全体的に手垢をはじめとして汚れやすく、特に文字盤の上のケース部分は汚れが目立ちやすい部分となっています。このような場所のお手入れ方法としては、化学繊維の眼鏡拭きやセーム革と呼ばれる鹿革を使ってふき取りをすることで簡単にきれいにすることができます。ポイントとしてはあまり力を入れないように軽く擦ることで、汚れがこびりつかないように毎日定期的に行っておくことがおすすめです。ちなみに水拭きしてしまうとケース内のムーブメントが錆びたり壊れる恐れがあるため、できる限り避ける方がいいと言われています。

また風防のお手入れは歯磨き粉などの研磨剤が入っているものを使って軽く擦ると細かい傷も削り落としてくれるので、磨く形できれいにすることができます。

ベルトは種類に応じたお手入れが大切

機械式時計のベルト部分は金属または皮革のどちらかが多く、種類によってお手入れ方法も異なります。例えば金属製であればコマとコマの間に皮脂や垢が溜まりやすいため、時計本体から外した状態で中性洗剤で洗う方法がよいと言われています。超音波洗浄機があればそちらも利用すると、より細かい部分の汚れも落とすことができるので便利です。また擦り傷がついている場合はサンエーパールやコンパウンドを使って磨く方法がありますが、傷が深い時には時計店に持ち込んで手入れしてもらいます。

皮革製であれば、毎日同じベルトを使わないようにすることや表面が乾燥していたらデリケートクリームで保護する、湿度を低く保つなど革靴と同じようなお手入れが必要です。

グランドセイコーはとても人気のあるブランドです。若者から高齢者にまで人気があり、多くの方が愛用しています。