ペットは大切な家族!失敗しないためのペットショップ選び


ペットの展示方法で見極めるべし

ペットと一括りに言っても色々の種類のペットがいますよね。定番の犬や猫にウサギ、鳥やハムスターに熱帯魚本当にいろんな動物をペットとして飼うことができます。大切な家族の一員として迎え入れるわけですから、展示されている間もきちんとお世話が行き届いていないと弱ってしまったり病気にかかってしまうこともあります。犬の展示方法は大きさに合わせたゲージに入れられているか排せつ物を処理する環境が用意されているか、寝床があり水が用意されているかなどのポイントが上げられます。猫はストレスを溜めやすい動物ですので、犬のような環境にプラスして爪とぎや体を動かせるキャットタワーが置かれているとよいでしょう。ウサギや鳥やハムスターなどは温度の変化に敏感なので空調設備がきちんとされている部屋に置かれていること、また相性があるので一つのゲージにたくさん詰め込まれていないかなどを見ます。

働いているスタッフの動きで見極めるべし

ペットショップでよく見る光景の一つにゲージに入れられている子犬が自分のウンチを食べていることです。この行為自体は本能的な部分もあるので問題ないのですが、やはり排せつ物の片づけが行き届いていないという事は働いているスタッフの意識が低い証拠です。また子犬の購入を検討されているお客さんに、子犬を抱かせているのですが抱かせる前にお客さんの手に消毒液を振りかけているかいないかです。これは犬に限らず生まれたばかりの動物は抵抗力が弱いため、色々な人に触られてしまうと弱ってしまうからです。商売ですから利益も大切ですが、生き物を扱っていますから一番はペット達が快適に過ごせる環境を作ることだと思います。

ペットショップとは個人宅で飼うのに向いている犬や猫、鳥や魚などが販売されている店のことを意味します。