屋上が癒やしの空間に?屋上緑化するメリットとは


省エネやヒートアイランド対策に繋がる

なぜ屋上緑化が省エネに繋がるのか疑問を抱くかもしれませんが、これは夏場に効果を発揮します。工場などの屋上は断熱性が低く、その分冷房設備を整えて施設全体を冷却しなければなりません。しかし、屋上緑化を図ることで断熱性能を向上させ、冷房にかかるはずだった費用を削減できるのです。冬も保温性能が高まるため効果を発揮しますが、やはり夏場暑さをしのげるという利点は大きいでしょう。特に夏場の平均気温が高まっている現代において、暑さ対策は最重要です。ヒートアイランド対策は、周囲がアスファルトなど熱を逃さない構造になっているがために起こる減少を緑化を進めることで防ぎます。周囲が緑化を進めるほど熱の蓄積や反射を防げるため、効果が高まります。

リラックス空間を創出できる

もしも屋上へ自由に出入りできるのなら、癒やしの空間となり人々の心をリラックスさせてくれます。周囲を見渡せる屋上に緑化空間を作ることで、さらなるリラックス効果も期待できるでしょう。特に春秋のような気候が安定している時期に訪れれば、気持ちを落ち着かせ癒やし効果も倍増して感じられるはずです。十分に整備された屋上なら、小鳥のような動物が近寄ってくることもあります。その点も、リラックス空間の創出に役立つでしょう。

地球温暖化対策に貢献できる

熱問題の解決に役立つことから、節電効果が加わり、地球温暖化対策に貢献できます。世界中で問題視されている地球温暖化対策を始めることで企業ならイメージアップに繋がることでしょう。

屋上緑化には、夏は植物が直射日光を遮ることによる遮熱効果、冬は断熱効果があるので年間を通して暖房光熱費の削減が期待できます。