電子タバコに存在しているメリット・デメリットを知ろう


電子タバコにはメリットが多い

紙のタバコやパイプよりも、電子タバコのほうが色々とメリットが大きいと感じる人も少なくありません。メリットとしては好きなフレーバーを選べるため、周囲にタバコと気づかれない物が多いことです。非喫煙者にも迷惑にならない香りが充実しているため、多くの人が利用していることでしょう。

また、紙タバコやパイプのようにニコチンやヤニで屋内外が汚れてしまうわけではなく、掃除がスムーズで快適なのも特徴といわれています。更に、有害物質を含む割合が少なく、副流煙が少ないこともメリットといえるでしょう。人によっては紙タバコを禁煙するためのステップとして利用している人もいるほど手軽といいます。なお、経済的な負担も少なく、1度買うと長期間使えるのもメリットといえるでしょう。

残念ながらデメリットもある

紙タバコやパイプよりもはるかにメリットが多い電子タバコですが、デメリットも少なくありません。例として、専用の器具が必要であることです。初期費用がかなり多くかかるため、一度電子タバコに切り替えてしまうと、もう紙タバコに切り替える費用がもったいなくなるといわれます。また、販売している会社によって種類が異なるため、別の会社の物を購入してしまわないように注意することもポイントです。

更に、見た目が独特であるため、すう時に周囲への配慮が必要となることでしょう。人によっては電子タバコに拒否反応を示す人もいるため、事前に了解をとって喫煙をしなければなりません。

爆煙にも少量の煙にも調節が可能なvapeが注目を浴びています。通常のタバコに似た形の電子タバコが多い中インパクトのある形や色が人気を集めています。他の人と一味違う電子タバコを選びたい方にはお勧めです。