引き出物に困った時に便利なカタログギフトの選び方とは?


職場の上司には高級感を重視して

職場の上司など目上の人に贈る引き出物は何かと悩みがちですが、そんな時にも便利なのがカタログギフトです。目上の人にカタログギフトを贈る際には日頃の感謝を込め、選べる品物の豊富さよりも高級感でカタログを選ぶのが無難です。御祝儀も他の人よりも多めに頂けることもあるため、出来れば1万円以上のカタログを選ぶようにしましょう。

友人に贈る場合には男女別で分けると安心

友人や同僚など多くの人を結婚式に呼ぶ際には、カタログギフトを選ぶことで幅広い好みに合わせることが出来るので便利です。また、その際には男性と女性とで贈るカタログを別にすることでより喜ばれる可能性が高くなります。男性の場合にはお取り寄せグルメなどが喜ばれることが多く、女性の場合にもお取り寄せグルメは悪くない選択肢ですがグルメだけではなく雑貨なども選べるカタログの方が喜ばれることがあります。

親族はより好みに合わせたカタログを

上司や友人などと比べると親族の場合には数も限られており、その好みや家族構成などを把握するのはそれほど難しくはありません。そのため、贈るカタログもその人に合わせた選び方をするのが良いでしょう。その人に合わせたカタログは特別感があるため、より喜ばれる可能性が高くなります。親族はこれからも長い付き合いをしていくことになるため、その人の好みを知っておくというのは何かと便利な場合もあります。また、子供が居たり一人暮らしだったりする場合には欲しい物が異なるため、その辺りも配慮してカタログを選ぶのも大切です。

カタログギフトは、引き出物や内祝いの定番として普及しており、贈る相手の立場に合わせて価格帯を選べることや、用途に応じてまとめ買いもできるといった特徴があります。